HOME > シート防水工法 > ニュープレンFP防水工法 > 高周波誘導加熱機械的固定工法
シート防水工法

ニューブレン

NB-101HF 高周波誘導加熱機械的固定工法

加熱原理
加熱装置
加熱原理 加熱装置
  1. 電流を流すと誘導電流コイルより磁力線が発生します。
  2. 磁力線がニューブレンを透過してNBディスク金属板まで達します。
  3. 金属板内部で渦電流が発生し発熱します。
  4. NBディスクホットメルト層の溶融温度まで発熱します。
  5. ホットメルト層を加圧し、冷えると接着完了です。
機械名
 高周波誘導加熱装置
インバータ形式
 1石タイプ
加熱コイルヘツド部
 NBディスク専用(樹脂モールド付き)
溶着時間
 S:7秒 M:8.5秒 L:10秒 設定時間はスライドスイッチによりS/M/Lの3点切替え
電 源
 AC100V±15% 50/60Hz
寸法・重量
 W220mm×D83mm×H260mm(+32mm)・3kg


作業条件のポイント

  • 融着状況(シート外観)
    融着状況(シート外観)
    NBディスク表面に異物、水分等が残っていないことを確認する。
  • 装置の加熱ヘツド部分とNBディスクのセンターを合わせる。
  • 気温により加熱タイマー(S)(M)(L)を選択する。
    (施工要領書参照)
  • 加熱後は必ず加圧処理をする。
    (施工要領書参照)