HOME > シート防水工法 > ニューブレン防水工法
シート防水工法

ニューブレン

ニューブレン防水工法(機械固定工法が可能な一般複合タイプの加硫ゴム系 シート防水材)

画期的な機械的固定工法の実現

50年以上の実績と耐候性に定評のあるネオ・ルーフィングE(均質シート)をガラス繊維で強化し、機械的固定工法を可能にした加硫ゴム系防水シートです。

ニューブレンの品質は、平成4年に改正されたJIS A 6008の加硫ゴム系一般複合シートに適合し、仕様については、機械的固定工法として国土交通省「建築工事共通仕様書」(平成13年版)に採用される等、仕様の標準化とともに、着実に実績も積み上げられてきました。
また、平成14年には、加硫ゴム系シートとして国内で初となる画期的な高周波電磁誘導加熱システムによる機械的固定工法も導入しました。
このように、品質・仕様・工法の充実が図られ、今日では、ネオ・ルーフィングEとともに、建築防水のさまざまなニーズにお応えする代表的な防水工法の一つとして、広くご愛顧いただいております。

三ツ星ベルトは、今後も「人を想い、地球を想う。」の基本理念のもとに、限りない先進の発想と高度な技術の追求に努めてまいります。

ニューブレンFP防水工法 ニューブレンFP防水工法